スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【毎日新聞】リバティおおさか:土地明け渡し求め、市が提訴へ

http://mainichi.jp/select/news/20150707k0000m040138000c.html
毎日新聞 2015年07月07日 10時00分

 大阪市浪速区の大阪人権博物館(リバティおおさか)が市有地の無償貸与を打ち切られた問題で、大阪市は今月中にも、運営する財団法人を相手取り、土地の明け渡しを求めて大阪地裁に提訴する方針を固めた。財団は争う構えだが、訴訟の行方次第では博物館が閉鎖に追い込まれる可能性もある。

 リバティおおさかは1985年、大阪府や市、民間企業が出資する財団が開設した。約6900平方メートルの市有地に建つが、市は「社会教育施設の役割を果たしている」として土地を無償で貸与。固定資産税も免除してきた。しかし、無償貸与は今年3月末で打ち切られ、財団は市有地を不法占拠する状態で運営を続けている。

 きっかけは2012年、橋下徹市長と松井一郎知事が博物館を視察し、「子に夢を与える展示になっていない」と批判したことだ。両氏は行政からの自立を求め、財団への府市の補助金(12年度で約1億6700万円)を13年度に廃止した。

 さらに市は昨年11月、4月以降は無償貸与契約を結ばない考えを財団に伝えた。約2700万円の賃料と約700万円の固定資産税を毎年納めることを土地使用の条件としたが、財団が応じなかったため、市は2月、建物を解体して3月末までに土地を明け渡すよう求めていた。

 朝治(あさじ)武館長は「借地料の減免がないと存続は難しい。交渉に応じず裁判に持ち込むのは乱暴だ」としている。【大久保昂】


[民宗研広報局の解説と意見]
大阪人権博物館は同和対策事業の一環として当時の西浜部落に設けられました。そのため、難波方面から博物館に至るルートもまた差別の痕跡を色濃く残しています。バスもいいのですが、南海電鉄汐見橋線の始発である汐見橋駅から乗って訪ねてみてください。博物館の展示は大変意欲的かつ良い意味で挑戦的なものが多く、観覧者の固定観念を大きくぶち破られるものばかりです。決して部落差別に特化した内容ばかりではありません。こうした社会教育施設に行政がイチャモンをつけ、廃館に追い込もうとすることに愕然とします。この追い込みをかけている勢力とその賛同者が、美辞麗句によって「大阪都構想」を推進し、それが否決された途端に弱者や老人がもつ当然の権利を「既得権益」と汚い言葉で罵っていることにも、博物館潰しと通底するものが感じられます。本会はこの一連の暴挙に断固反対いたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。