スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他団体の例会案内から(一遍会)

508回 一 遍 会

 日 時  7月12日(土)  13:00~15:30
 会 場  道後公民館3階 視聴覚教室 (松山市役所道後支所隣り)
 講 師  圓増 治之 氏 (愛媛大学名誉教授)
 演 題  一遍上人の住み処 ・・・・念仏まうす起ふしは 妄念おこらぬ住居かな・・・
 
【講師からの一口メモ】
現代ドイツの哲学者ハイデッガーは、人間存在の特徴を「住まう」という在り方に認めています 。
それでは、安住の場所たる家を捨て、故郷を捨てて、賦算の旅に出た一遍上人が住まったのは、如何なるところであったでしょうか。
「住む」ということばをキーワードにして一遍上人の念仏世界を解き明かしてみたいと思っております。
【講話履歴】
例会 年月日  テーマ
497 130711 阿弥陀仏の慈悲、一遍上人の慈悲
485 120714 一遍上人の死とそのあと 
473 110709 道具秘釈私解(西洋哲学の観点から)
459 100508 一遍上人の踊念仏 ~南無阿弥陀仏が南無阿弥陀仏を踊っている~
446 090411 一遍の「白道」
 卓 話  謡曲「一遍上人」と善光寺如来出現譚
 講 師  三好 恭治 氏(一遍会 理事)
 参 加  自由 (但し、会員以外はテキスト代 500円)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。