スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古画研究会案内

古画研究会 2007年度5月例会のご案内

時下ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。
古画研究会の例会を下記の通り開催いたします。
今回の例会は新年度初回ということもあり、研究発表と講話の両面で行います。
お誘いあわせの上、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

【日時】
2007年5月13日(日)14時より

【会場】
大阪大学豊中キャンパス 美学棟B41教室

【内容】
○山口隆介氏(大阪大学大学院)
 「定慶様菩薩像の再検討」(本年度美術史学会の全国大会に際しての予備発表です)

(発表要旨)
 肥後定慶(1184‐?)は、鎌倉彫刻様式を確立したとされる運慶、快慶らの次世代を担った仏師の一人である。出自は不明ながら、比較的多くの作品が知られ、なかでも、貞応3年(1224)の大報恩寺准胝観音菩薩像と嘉禄2年(1226)の鞍馬寺聖観音菩薩像は、その代表作として高く評価されている。両菩薩像は、装飾的な髻や頭髪、複雑な着衣の形式に独自性が顕著で、かつては宋代美術を積極的に摂取したものと解されてきた。しかし、水野敬三郎、深山孝彰の両氏によって、むしろ運慶作品や古典を学びつつ、そこに創意工夫を加えたものと見直されている。また、「定慶様(風)」と称される、定慶の菩薩像と類似した形式をそなえる一群の菩薩像が存在することから、定慶は同世代に属する湛慶と比べても、後代に一定の影響力をもった仏師とみなされてきた。本発表は、定慶の菩薩像と、いわゆる定慶様菩薩像の成立について再検討を試みるものである。
(※なお、詳細な要旨は下記のURLをご参照下さい。)
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/aesthe/gakkai2007/program.html
               
○森雅秀氏(金沢大学文学部教授)
 「仏教学における美術研究の可能性」

(森雅秀氏の略歴)
 名古屋大学文学部、名古屋大学大学院文学研究科を経て、ロンドン大学大学院修了。
 Ph.D.(ロンドン大学)。名古屋大学文学部助手、高野山大学文学部助教授等を経て、現在、金沢大学文学部教授。 著書には『仏のイメージを読む−マンダラと浄土の仏たち』(大法輪閣)、『マンダラの密教儀礼』『インド密教の仏たち』(以上、春秋社)など。訳書にM.ブラウエン『曼荼羅大全』東洋書林)、Ph.ローソン『聖なるチベット』(平凡社)などがある。

ご周辺でご興味・ご関心をお持ちの方が居られましたら、
お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。見学希望者も歓迎です。

*古画研究会は仏画・大和絵を中心に広く仏教美術・文化を研究する集まりです。
2007年度より佛教大学(非)の多川が幹事を務めております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。