スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第44回中世史サマーセミナー

期日 8月21日(月)〜23日(水)
会場 ホテル武蔵坊
 〒029−4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢一五
  (JR東北本線平泉駅下車徒歩12分、東北新幹線一関駅下車タクシー15分)

集合 21日正午受付開始
第1日 午後
  シンポジウム「中世における統合の契機とその構造」
第2日 午前 研究報告
     午後 史跡見学
     柳之御所遺跡・無量光院跡・衣の関道遺跡群など
第3日 午前 史跡見学 
     関山中尊寺・達谷窟・骨寺村

報告者
21日 午後
   新田一郎氏「世界はいかにして「統合」されるのか」(仮)
   永井隆之氏「日本の国民主権の基層」(仮)
   片岡耕平氏「穢観念の浸透過程について」(仮)
   渡邉 俊氏「滅罪と安穏」(仮)
22日 午前
   菅野成寛氏「新発見・衣川遺跡群と都市平泉研究」(仮)
   斉藤利男氏「北方世界からみた都市平泉・衣川」(仮)
    (他1名を予定しております)
参加費 25000円程度

事務局
〒980−0862 仙台市青葉区川内27−1
東北大学文学研究科日本史研究室気付 東北中世史研究会
  E-mail:tohoku_chuseisi @ yahoo.co.jp(送信の際には「@」を「@」に変えてください。スパム対策です)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。