スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【毎日新聞】市川亀治郎さん:19日、遊行寺で成功祈願--初主演「小栗判官」 /神奈川

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110917ddlk14040089000c.html?inb=yt

 藤沢市は16日、東京・新橋演舞場で10月に開催される芸術祭花形歌舞伎で「当世流小栗判官」を初主演する市川亀治郎さん=写真・松竹提供=が、ゆかりの時宗総本山・遊行寺(同市西富)に公演成功の祈願に訪れると発表した。

 物語の主人公、小栗判官と恋人・照手姫の窮地を救ったのが遊行上人で、同寺子院の長生院は、判官没後に尼となった照手姫が判官と十勇士の菩提(ぼだい)を弔ったとされ、中世・説経節や江戸・歌舞伎にしばしば登場する。

 亀治郎さんが訪問するのは19日午前11時半ごろ。判官と照手姫の墓に参った後、同寺の御本尊前で祈とうする。

 「小栗判官」は亀治郎さんの伯父、三代目市川猿之助さんの当たり役。艱難(かんなん)辛苦を乗り越え、親の敵討ちをするラブストーリー。宙づりの天馬に2人またがり敵討ちに向かう場面が一番の見せ場だ。

 10月2~26日の夜の部公演。問い合わせは同演舞場(03・3541・2600)へ。【永尾洋史】
* * * * *
大河ドラマ「風林火山」で怪演をみせた亀治郎氏が遊行寺を公式参拝しました。小栗判官といえば時宗、小栗判官といえば、癩者・乞食です。歌舞伎役者もかつて河原○○とよばれていて親和性は高いといえます。じつに興味深い取り合わせです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。