スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SPA!】世界の「トンデモ論文」大集合!キテレツさが魅力的なワケ

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/514261/


2011/06/24 16:00


数独を解く大腸菌、ブンチョウはピカソ好き……研究者たちの激しすぎるパッションに脱帽。

 おしっこを我慢すると判断力が上がる」だの、「人はポルノのことだと予知能力が上がる」だの、「ブンチョウはモネよりピカソのようなキュビズムが好き」だの。ときおり、大層な大学の立派な研究者による「トンデモ論文」、「おもしろ論文」が伝えられる。


 「なんだそりゃあ?」と思いつつも、我々はこうした研究論文が大好きである。そして、いつも気になるのは、なぜ? なんのために!? ということ。


(2)大腸菌が「放射線探知機」に!? 研究者たちの驚きの発想(3)コーヒー好きは「貧乳」、薬指が長い男は「高収入」…話題の論文(4)人間の本能か…エロいことの予想は当たる!?米の実験(5)コオロギの交尾に25万時間! 研究者の情熱に脱帽(6)ドクター・中松「6で割り切れる144歳が人間の寿命」(7)研究中に一人ニヤニヤ…おもしろ論文の著者はオタクの鑑(8)ブラジャー着けて走ったら乳房の揺れは?厳選おもしろ論文(9)「なんの役に立つのか」は無意味 論文の“通の味わい方”(10)もしもバッタが「スター・ウォーズ」を見たら…理解不能の研究


関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2011/07/01 (Fri) 00:28
    Unknown

    クソ論文は歴史学界にも多いですね。「一遍は法然の孫弟子」などと書いた筑波山麓のバカ大学の名誉教授とかwww

    • 陽 岱鋼 #79D/WHSg
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。