スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《民衆宗教史研究会例会のお知らせ》(京都市)

この度、民宗研近畿地方本部例会を開催することになりました。本会機関誌『寺社と民衆』第六輯執筆者の美馬氏による異色のテーマでの研究報告です。5月以来の久しぶりのことになりますが、お近くの方、興味のある方はお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。初参加の方も大歓迎します。もちろん予約は不要です。

日 時:9月12日(日)午後1時〜午後5時

費 用:無料

演 題:松本清張作品に描かれた宗教―『火の路』と『眩人』―

報 告:美馬 弘氏(多摩美術大学特別研究員)

会 場:エスペラント会館1号室
(〒600−8455 京都市下京区西洞院五条上八幡町537−6)
(http://ha3.seikyou.ne.jp/home/setuko/esperanto.html)

備 考:終了後に報告者と司会者を囲んで懇親会を開催します。こちらもお楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。