スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他団体の大会案内から(名古屋民俗研究会)

第40回 東 海 民 俗 研 究 発 表 大 会 案 内
(統一テーマ:「マチと都市の民俗を考える」)

日時  平成22年6月6日(日) 9:50〜16:25   開場・受付開始9:30
会場  名古屋市博物館 講堂(地下) 名古屋市瑞穂区瑞穂通1−27−1  ?052−853−2655

開会挨拶 9:55 (当番団体 名古屋民俗研究会)
研究発表(午前の部) 10:00〜11:40
 ?町衆と出入制度−津島市冨永家の事例から−      服部  誠(名古屋民俗研究会)
 ?飛騨高山祭の祭祀組織「屋台組」について         須永  敬(伊勢民俗学会)
?町における「草分け」形成試論―名古屋の魚鳥商人と特権を例にして―
伊東 久之(岐阜民俗学研究会)
?歌から見た「渋谷」                       長野 隆之(まつり同好会)
昼の休憩 11:40〜13:05
 昼食(持参は別棟無料休憩所で摂る。または付近の店舗を利用)・主催団体代表者会・記念写真

公開講演 13:15〜14:45
    民俗学における都市研究
                        國學院大學大学院客員教授  倉 石 忠 彦 先生
講師との談話会(予定) 14:50〜15:15

研究発表(午後の部) 15:20〜16:10
?大垣市の武士町・商人町                    大橋庄一郎(岐阜地名文化研究会)
?ふるさとの演出と演出されたふるさと―東三河とその隣接地域の事例から―
                                    河野  真(三河民俗談話会)
閉会挨拶 16:15〜16:25(次回当番団体 三河民俗談話会)
懇親会  17:30〜19:30 さがみ庭 地下鉄御器所駅4番出入口前 052−852−7888 (会費5千円当日申込)

※ 各主催団体の会員以外の方も参加無料です。
※ 記念写真は参加者全員で撮影します。購入希望者は受付で申し込んでください。
※ 会場は飲食禁止ですのでご留意ください。
※ 当日はなるべく公共交通をご利用ください。地下鉄桜通線「桜山」4番出口下車、またはJR・ 名鉄金山駅から市バス14号系統「博物館」下車が便利です。

主催団体  三河民俗談話会・岐阜民俗学研究会・岐阜地名文化研究会
伊勢民俗学会・まつり同好会・名古屋市博物館
名古屋民俗研究会(当番)
問合せ先 名古屋民俗研究会事務局 Tel.0561−84−7044

                    *

東海圏の歴史・民俗系の研究会が集まり、毎年「東海民俗研究発表大会」が行われています。今年のテーマは「マチと都市の民俗を考える」。近在の方は、奮ってご参集下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。