スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他団体のシンポジウム案内から(早稲田大学)

早稲田大学高等研究所シンポジウム「近代学問の起源と編成」

2010年3月13日(土)13:00〜
文学研究の近代―学問としての成立と展開―

・藤巻和宏(早稲田大学高等研究所助教)
 「文学研究の範囲と対象―寺院資料から近代学問を捉え返す―」
・田中貴子(甲南大学教授)
 「〈中世〉の発見―近代知識人を中心に―」
・笹沼俊暁(台湾・東海大学助理教授)
 「外地の国文学と「風土」―犬養孝の万葉風土論と台湾―」
・平藤喜久子(國學院大學准教授)
 「神話学の「発生」をめぐって」
・倉方健作(日本学術振興会特別研究員)
 「フランス近代詩と学問―「ボードレール研究」の確立を例に―」
・討議

2010年3月14日(日)
近代諸学の成立と編成―前近代の継承と断絶―

午前の部 10:00〜
・北條勝貴(上智大学専任講師)
 「歴史と歴史学の存在意義―グラウンド・ゼロから考える―」
・井田太郎(国文学研究資料館助教)
 「実証という方法―近世文学研究は江戸時代になにを夢見たか―」
・玉蟲敏子(武蔵野美術大学教授)
 「江戸後期の古画趣味と日本の美術史学」
・藤田大誠(國學院大學准教授)
 「近代国学と人文諸学の形成」

午後の部 13:30〜
・飯田 健(早稲田大学高等研究所助教)
 「国家からの視点、市民からの視点―近代日本に輸入された政治学の二つの系
統―」
・齋藤隆志(早稲田大学高等研究所助教)
 「近代経済学とマルクス経済学―その受容と対立の歴史―」
・森田邦久(早稲田大学高等研究所助教)
 「西洋哲学と近代科学の成立」
・青谷秀紀(清泉女子大学専任講師)
 「H・ピレンヌと近代ベルギー史学の形成」
・討議

シンポジウム開催趣旨
 学問という営為は、さまざまな形態で進展してきた。ただし、時代時代の文脈
や受容のされ方によって特定の意図や政治性が介入してきた事例も少なからずあ
り、「研究」という一見公正に見える言説も無色透明なものではない。
 前近代の日本における学問は、例えば紀伝道、歌学、訓詁学、有職故実、清朝
考証学、国学、本草学……等々、様々な名称で表される。ランダムに並べたが、
それぞれの領域が他を排除するというものではなく、これらは必ずしも同一位相
で競合関係にあるわけではない。いささか乱暴なまとめかたをすれば、これらが
矛盾なく併存していたのが前近代の学問状況であるともいえよう。そして、こう
した偉大な遺産を継承しつつも、その土壌の上に西洋の制度と学問を受容したこ
とにより、日本の近代学問はその相貌を大きく変えてゆくことになる。そして、
それが目指すところは、前近代の学問が目指していたものとは根本的に異なるの
である。
 日本古典文学研究について考えてみるならば、そもそも「文学」の意味の問い
直しから始めなければならない。前近代の日本に「文学」という語=認識は存在
していたが、それが指し示す対象は現在のものとは大きく異なり、例えば和歌や
物語が「文学」という語によって表現されたことはなかった。しかし、西洋から
「literature」という概念を受容するに際し、この「文学」という語が選ばれた
という“偶然”により、日本語の「文学」が指し示す対象は大きく変容してゆく
こととなる。また、近代的学校制度下で「文学」を学問の対象と位置付けたこと
と、「国文学」研究がナショナル・アイデンティティの闡明を目標と掲げたこと
とが相俟って、文学「史」という形での歴史認識がなされ、各時代を代表する(
と彼らが考える)作家・作品を選び出して羅列するという操作が行われた。我々
が「日本を代表する古典作品」と認識しているものは、部分的には前近代の認識
に基づきつつも、この時に新たに創り直されたものと言ってよい。
 こうした視座は、他の学問領域においても同様の問題を浮上させることになる
。歴史研究における、事件・人物を中心とした時系列的な歴史叙述の偏りは、ア
ナール学派以来、諸方面で指摘されている。また、日本美術史においては、独語
「kunstgewerbe」を新たな造語「美術」によって訳し、その概念の受容過程のな
かで前近代の造形物の特定の分野に適用し、日本の美術史学が確立していったと
いう経緯が明らかにされた。各学問領域が「史」という“前後関係”を構築する
際に生じた近代の偏差や混乱は、こうした動向を背景として認知され、考察の俎
上にのぼることとなったのである。
 その一方で、互いに隣接しあう学問領域の、それぞれの範囲と関係性という問
題もある。西洋の学問が移入され、それを実行する受け皿として学校制度が整備
された。そのような研究教育システムの中に学問が置かれることになった近代に
は、すべての学問は同じ位相において個々に区分されたものと認識されるように
なる。その最たるものが、文部科学省の定める分科細目表であるといえばイメー
ジしやすいであろうか。それによると、例えば文学は、工学との親近性は低く、
歴史学や哲学とは比較的近い位置にあるということになるが、それぞれはあくま
で別個の学問であり、区分を跨ぐ研究は学際的であると目されることになる。換
言すれば、各領域の範囲が劃定され、囲い込みがなされたのだ。
 そうした状況が前近代の学問の在り方と根本的に異なることを認識せず、あた
かも各領域がアプリオリなものとして存在し、単線的に発展してきたという前提
のもとにおこなわれる研究は、その対象をあらかじめ限定することになり、ある
いは見誤ることにも繋がる。

 こうした問題意識から、本シンポジウムでは諸学を同じテーブルに並べ、近代
以降も陸続と蓄積されてきた研究をどう生かすか、前近代の研究に立ち返ること
でどのような新たな視点が導入できるのか、ということを考察してみたい。それ
は学問の枠組みの破壊/再編ということではなく、前近代を対象とする研究=「
古典」研究に対する新たな意義を模索することである。また、古代以来の教育制
度やジャンル認識の実態と変遷を把握することにより、前近代日本の知的体系を
より大きな枠組みのもとに概観し、その土壌が受け止めたウェスタンインパクト
と、そこから展開していった近代学問の様相を検討する。前近代の継承と断絶、
読み換えと誤読という視点から、学問の変遷や編成の意味を考察することになろ
う。これは各分野の考察の深化のみならず、混迷をきわめる現代の諸学問にとっ
ても新たな指針を提供することになるであろうと考えている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。