スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二支動物像:略奪された清朝の遺物、39億円で落札 中国側は不快感−−パリ

http://mainichi.jp/select/world/news/20090226dde007030030000c.html

【パリ福井聡、上海・鈴木玲子】中国清朝の離宮、北京の「円明園」から英仏連合軍により略奪された「十二支動物像」のうちネズミとウサギ像が25日、パリのオークションで各1570万ユーロ(約19億5000万円)、計約39億円で競り落とされた。落札者は明らかにされていない。中国政府は像の所有権を主張、競売に不快感を示しており、中国各紙は26日、電子版で速報し、テレビも一部がトップニュースで報じるなど強い関心を示した。

 像は噴水時計の一部だった頭像(銅製)で、昨年6月に死去した仏のデザイナー、イブ・サンローラン氏の遺品。25日開かれた同氏の遺品オークションに出品された。会場での応札がなく、電話で3人が応札し、競り落とされた。中国紙は落札価格を27億円と予想したが、大きく上回る落札額となった。

 中国通信社、中国新聞社によると、競売前の25日には円明園管理所が「競売は中国人の感情を著しく傷つける。略奪された文物は中国に返還されるべきだ」として競売を主催したクリスティーズ社に返還を求める声明を出した。パリでは中国人留学生らが競売会場周辺で抗議集会を行った。

 競売を巡り、在仏の中国人団体が中止を求め提訴したが、パリの裁判所は退けた。

 清朝末期には文化財が大量に略奪され、流出している。十二支像のうち5体だけは中国側が買い戻している。
スポンサーサイト

ドイツにも前立本尊!? 善光寺とそっくりの三尊像

http://www.gokaicho.com/news/data/20090210_000085.php

 善光寺(長野市)の前立本尊にそっくりの「阿弥陀(あみだ)三尊像立像」がドイツ・リンデン民族学博物館にあり、同じ鋳型で作られた可能性のあることが9日、分かった。米国の美術収集家の手を経てドイツに渡ったとされ、県文化財保護審議会委員の武笠朗(むかさあきら)・実践女子大教授(日本彫刻史)は「袈裟(けさ)の衣紋や体つき、顔立ちが極めて似ている」と指摘している。
 同様の阿弥陀三尊像は善光寺信仰の広がりとともに全国各地で作られたが、ここまで似ているのはまれといい、若麻績信昭・寺務総長は「お前立さんにうり二つで驚いている。比較調査も検討していきたい」としている。御開帳に合わせて4月4日から長野市の県信濃美術館で開かれる「"いのり"のかたち−善光寺信仰展」(県、信濃毎日新聞社など主催)での里帰り展示に向け、同館がリンデン民族学博物館と交渉している。
 武笠教授は、文化財保存修復学会が2002年に発行した調査報告でこの阿弥陀三尊像の存在を知り、昨年末にドイツ南部・シュツットガルトにある同博物館を訪問。県史など文献にある前立本尊の写真やデータと比較した。
 武笠教授によると、三尊とも前立本尊と同じ銅製。高さは前立本尊の中尊が42センチ台、左右の脇侍(わきじ)が30センチ台で、三尊像の方がそれぞれ数ミリ−1センチ大きいが「計測時の誤差の範囲。同じ鋳型で作られたか、一方が他方を原型にして作られた可能性もある」とする。前立本尊は13世紀後半、鎌倉時代の作と推測されている。
 前立本尊は鍍金(ときん)仕上げなのに対し、三尊像は朱漆塗(しゅうるしぬり)の金箔(きんぱく)仕上げ。違いについて武笠教授は「海外に流出する際、彩色し直す例は少なくない」とする。三尊像の光背は残っていないが、銅製の台座は「像と同時期の作である可能性が高い」とする。前立本尊の光背と台座は江戸時代に作られた木製だ。
 信濃美術館によると、リンデン民族学博物館は三尊像を1984年、米国の著名な日本美術収集家ハリー・パッカード(1914−91年)から購入した。その前の来歴は不明という。パッカードは第二次大戦後に滞日。インフレなどで収集家らが手放した古美術品を大量購入した。
 県史編纂(へんさん)の際に前立本尊を調査した根立研介・京大大学院教授(日本彫刻史)は「同じ型ならば、鎌倉時代の金銅仏(こんどうぶつ)の中でも大変珍しい。同じ型でなくとも、同一の作者、同一の工房と分かるだけでも意味は大きい」とし、今後の調査に期待している。

信毎御開帳関連ニュース 2009年2月10日

「合格祈願済み商品」で神社本庁が“物言い”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000526-san-soci
2月19日8時6分配信 産経新聞

 神社で祈祷(きとう)を受け、パッケージに「合格祈願済」などとうたう“合格グッズ”の発売が相次いでいることを受け、神社本庁(東京都渋谷区)が「神社の尊厳を損なうことになる」と全国の神社庁に同種の祈祷の問い合わせには応じないよう通達していたことが18日、分かった。神社本庁では「営利優先の商業活動が顕著になっていることは遺憾。今後の神社運営に大きな影響を与えかねない」と懸念を示している。
神社本庁祭務部によると、受験シーズンを控えた昨年末ごろから、「◯◯神社 合格祈願済」などとうたった商品が大手食品メーカーや文房具メーカーから相次いで発売され、それに伴い、「どこの神社にお願いしたら祈願商品が作れるのか」という問い合わせが神社本庁に殺到した。

 本庁では「御利益を商売に利用するようなことはしないでほしい」と回答を繰りかえしたが、問い合わせが絶えず、全国の神社庁に通達することを決めた。

 通達を出したのは先月中旬。企業からの問い合わせが相次いでいることを伝え、「応じられないよう」と通知している。

 神社本庁では「本来、御利益のあるお守りやお札は、直接その神社に出向いて受けることが原則」とし、「『祈祷済』とした商品の販売を一度許してしまうと、その後無断で神社名が使われてしまうなど、神社の運営に大きな影響を与えかねない」と話している。

 「学問の神様に祈願していただいた『祈願焼のり入り』」と書かれたカップラーメンなど、すでに数多く発売されている“合格祈祷済みグッズ”。その中の一つ、長岡天満宮(京都府長岡京市)で合格祈願を受けた梅果汁を使用したキャンディ「ハイチュウ 合格梅味」を先月発売した森永製菓では、「受験生のお守りになってほしいと企画した商品。ご協力いただいている神社からパッケージについても許可もいただいているので問題はないはずです」と話している。

他団体の例会案内から(東京大学中世史研究会)

〔中世史研究会2月例会ご案内〕

題目: 中世後期の村の立地と景観
報告: 久保田貴之氏(一橋大学修士課程一年)
日時: 2009年2月28日(土) 午後3時〜6時
場所: 東京大学本郷キャンパス内「福武ホール」 地下一階 中会議室
   *赤門を入って左側へ。史料編纂所の向かいにある建物です。
   *中会議室は、「全学スペース4・史料編纂所共同研究室2」という表札のある部屋です。
参考文献: 金田章裕『微地形と中世村落』(吉川弘文館、1993年)

*次回は、4月の末頃を予定しております。皆様のご参加、お待ち申し上げます。

一向上人踊躍念仏の厳修について

http://www.cc9.ne.jp/~jyoudo-tochigi20/page4.htm

念佛奉納決定!!     於 専福寺(兼務寺)

140年ぶりに復活しました「一向上人踊躍念佛」を「専福寺でも披露してくれ」との要望が多く、下記の通り奉納することになりました。
尚、一般の拝観希望の方は必ず福正寺(?0282−92−7734)までご連絡ください。

                    記

日時 2009年3月21日午後1時30分より
   ・彼岸会法要
   ・法話 「踊躍念佛について」
   ・踊躍念佛奉納
場所 専福寺  栃木市吹上町588−1 (栃木ICより5分)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。