スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット中傷「反論できると限らず」、会社員に逆転有罪判決

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090130-OYT1T00896.htm
2009年1月30日(金)21:29
 自分が開設したインターネットのホームページ(HP)で、外食店の経営会社を「カルト集団」などと中傷したとして、名誉棄損罪に問われた東京都大田区の会社員橋爪研吾被告(37)の控訴審判決が30日、東京高裁であった。

 長岡哲次裁判長は、「インターネットの個人利用者が書き込んだ情報に限り、名誉棄損罪の適用を緩めるのは、被害者保護の点で相当ではない」と述べ、無罪とした1審・東京地裁判決を破棄し、検察側の求刑通り、罰金30万円を言い渡した。

 1審判決は、個人がネット上に掲載した情報について、「信頼性は低いと受け止められており、被害者の反論も容易」として、〈1〉わざとウソの情報を発信した〈2〉個人でもできる調査も行わずにウソの情報を発信した−−場合にのみ名誉棄損が成立するという新たな基準を提示。橋爪被告が書き込んだ内容について、「事実ではないが、ネットの個人利用者に要求される程度の調査は行っている」と述べ、名誉棄損には当たらないと認定した。

 これに対し、控訴審判決は、「ネット上のすべての情報を知ることはできず、書かれた側が反論できるとは限らない。見る側も、個人の発信する情報が一律に信用性が低いという前提で閲覧するわけではない」と指摘。個人のネット利用者に限って名誉棄損罪が成立するハードルを高くすることは認められないとした。

【管理人補足】
http://news.ohmynews.co.jp/news/20080304/21702
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2009/01/post-2e60.html
今回の二審判決のもつ負の意味と当該企業のカルト性がおわかりいただけるサイト。
スポンサーサイト

僧侶演じ現金詐取、4人逮捕=けさ着て「京都の有名寺院」−栃木県警

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc

京都府の有名な寺院の僧侶を演じ、土地所有者から現金をだまし取ったとして、栃木県警捜査2課などは24日までに、詐欺容疑で不動産会社役員田代健二(60)=同県那須塩原市上厚崎=、無職長谷高明(74)=大阪府豊中市本町=両容疑者ら4人を逮捕した。
 長谷容疑者がけさを着るなどして僧侶を装い、「近隣に別荘や道場を建設するので、市価より高い値段で土地を購入する」などと持ち掛け、土地所有者に買収資金を出させ詐取していたという。(2009/01/24-16:58)

シャッターさびちゃえ!住職「塩まき」10年、一喝され自供

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090122-OYT1T00121.htm

堺市堺区の寺院の住職(55)が、門前の運送会社のシャッターに塩をまき、さびさせたとして、大阪府警堺署から建造物損壊容疑で取り調べを受けたことがわかった。

 住職は当初、「霊が見えたので、お清めしただけ」と言い逃れを図ったが、捜査員から一喝され、「朝早くから車の音がうるさいので、困らせようと思った」と認めたという。約10年前から「塩まき」を繰り返していたといい、同署は住職を同容疑で書類送検する方針。

 捜査関係者によると、住職は昨年夏から秋にかけて、倉庫のシャッター(縦4メートル、横16メートル)に塩をまいて腐食させ、運送会社に補修費用として約38万円の損害を負わせた疑い。

 運送会社は約15年前に現在地へ移転してから2度、シャッターのさびをペンキで塗るなどして補修。昨年6月7日に3度目の補修をしたが、翌7月にさびが浮いてきたため、不審に思って防犯ビデオを設置。8月30日、9月6日、同17日の夜に撮影されたビデオに、何かを振りかける住職の姿が映っていた。住職は「さびるように、水をまいたこともあった」と供述している。

(2009年1月22日07時38分 読売新聞)

元住職ら5700万円着服=焼失本堂の再建資金−新潟地検

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-090121X329.html2009年1月21日(水)11:30

 火災で焼失した寺の本堂の再建資金約5700万円を着服したとして、新潟地検が業務上横領罪で、新潟市東区の「空則寺」元住職宮崎真被告(50)=同市北区三ツ屋=と大工柴田勝家被告(64)=同市北区太子堂=を起訴していたことが21日、分かった。

 起訴状などによると、2人は2002年1月から9月まで3回にわたり、本堂の再建資金が預金されていた口座から約5700万円を流用した。空則寺本堂は宮崎被告が住職だった1997年8月に焼失した。

 後任の住職が06年11月、再建資金着服に気付き新潟県警に告訴。新潟地検が昨年末に2人を逮捕、起訴した。

板碑未成品の遺跡

http://jp.youtube.com/watch?v=6ksWqhLBpbQ
埼玉県比企郡小川町下里割谷遺跡は、本会ゆかりの伊藤宏之氏が発見者。詳しくは『埼玉考古』2007年をご覧ください。例会報告もお願いする予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。